病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当表 休診のご案内
入院・面会のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
調達情報
byouinshihyou27
契約公開
情報公開
バリアフリー情報
個人情報保護方針
病院総合医(Hospitalist)育成プログラム
健康管理センター
附属介護老人保健施設

平成30年度 千葉病院 病院指標





平成30年度 JCHO千葉病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 9 26 49 153 260 458 712 524 142


・当院を退院された方を年代別に分類したものです。

○集計対象

・平成30年4月1日から平成31年3月31日迄に退院された方。

・集計期間内で同一人物が複数回、入退院された場合は、延べ患者として集計しています。

○解説

・昨年度と比較し傾向に変化なく、70代がピークとなっています。


診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


内科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1:1あり 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 63 3.78 3.01 3.17 71.40
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病:なし 35 2.23 2.67 - 63.30
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1:なし、1あり 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 24 7.46 5.50 12.50 67.67
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1:なし、1,2あり 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 23 5.70 4.47 - 71.43
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 18 13.00 17.66 11.11 82.83

・内科では、主に循環器系疾患に取り組んでおり、狭心症が上位となっています。




外科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病:なし 93 2.87 2.67 - 67.54
060241xx97xxxx 痔核 手術あり 34 5.29 5.78 - 64.09
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 29 5.07 4.96 - 75.48
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 17 9.65 8.95 - 77.71
060235xx97xxxx 痔瘻 手術あり 17 5.53 6.27 - 49.06

・外科では、主に消化器系疾患に取り組んでおり、大腸疾患・肛門疾患が上位を占めています。




整形外科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 8 31.88 26.30 - 88.00
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病:なし 7 51.43 19.61 - 78.43
080010xxxx0xxx 膿皮症   手術・処置等1:なし 5 22.80 12.51 - 72.20
160820xx97xxxx 膝関節周辺の骨折・脱臼 その他の手術あり 3 8.00 7.10 - 62.33
070343xx99x00x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 2 12.00 12.02 - 72.00

・整形外科では、通常の整形疾患と血液透析患者の整形外科疾患の治療に取り組んでおります。




腎臓内科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 47 13.66 12.05 2.13 60.21
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1:あり 副傷病:なし 44 5.77 7.18 - 57.41
110280xx01x20x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 手術・処置等2:2あり 副傷病:なし 34 26.50 28.36 - 72.65
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2:1あり 26 33.73 35.72 - 63.88
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2:なし 23 26.83 21.40 - 77.00

・腎臓内科では、腎臓病の保存期~血液透析に移行する迄の疾患治療に取り組んでおります。




血液透析科






DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx02x1xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2:1あり 98 22.54 35.72 13.27 64.73
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 87 16.11 8.75 3.45 65.26
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1:なし 手術・処置等2:なし 副傷病:なし 31 7.26 12.05 3.23 70.06
110280xx03x10x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2:1あり 副傷病:なし 6 8.00 16.92 - 58.83
110280xx01x20x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 手術・処置等2:2あり 副傷病:なし 5 25.00 28.36 - 74.2

・血液透析科では、合併症を発症している患者を他施設より多く紹介されており、院内各診療科と連携し治療に取り組んでおります。



初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード





初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 12 1 2 4 14 7 1 第8版, 第7版
大腸癌 9 3 5 9 11 5 1 第8版, 第7版, 第6版
乳癌 - - - - 2 - 1
肺癌 - 1 - 4 - 1 1 第8版, 第7版
肝癌 3 2 2 - 4 16 1 第6版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約


○定義

・胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌を主要5大癌という

・初発:自施設で腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施

・再発:自施設・他施設を問わず初回治療が完了後、自施設で患者を診察した場合や治療がん寛解後に局所再発・再燃又は、新たな遠隔転移をきたした場合

・病期分類は、がんがどのくらい進行しているのかを意味します。Stage0からⅣまであり、Ⅳが最も進行している事になります。

○解説 当院では、早期がんの治療に取り組んでおります。


成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード





患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 3 5.67 53.33
中等症 26 18.50 81.38
重症 7 28.57 83.29
超重症 3 23.67 81.67
不明 - - -


○定義

・市中肺炎:病院外で生活をしていた人に発生した肺炎

・重症度:身体所見、年齢による肺炎の重症度分類(A-DROP)により年齢性別や血液中の酸素濃度、脱水症状の有無、

意識障害の有無等で0~5または不明に分類。数字が大きいほど重症になっていきます。

○集計対象

・当院を平成30年4月1日~平成31年3月31日の間に退院した方で、肺炎をきっかけに入院しその治療に最も医療資源を投入した方。

ただし、ウイルス性肺炎、誤嚥性肺炎を除きます。

・集計期間内に同一人物が複数回入退院した場合、延べ患者数として数えます。

○解説

・昨年と比較するとし「重症」が平均年齢及び平均在院日数が長くなる傾向となりました。


脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 7 10.00 73.43 14.29
その他 3 14.00 85.00 -


○脳梗塞の病型の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率、平均年齢を示す。

・対象傷病名は、医療資源を最も投入した「ICD10」を集計。

・当院を平成30年4月1日~平成31年3月31日の間に退院した方。

・集計期間内に同一人物が複数回入退院した場合、延べ患者数として数えます。

○解説

・昨年と同様に発症から3日以内に受診された方が半数を超えています。


診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード


内科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 39 1.74 1.31 - 63.79
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 38 3.37 24.61 13.16 67.08
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 24 3.54 7.75 8.33 71.42
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 14 1.71 7.14 - 75.57
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 14 0.57 9.64 14.29 78.71


・昨年と同様に内視鏡にて大腸の患部切除を行う手術が1位となっております。

・クリニカルパス(標準的な治療計画)を導入し使用しております。





外科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 92 0.16 1.83 - 68.18
K7434 痔核手術(脱肛を含む。) 根治手術(硬化療法(四段階注射法によるもの)を伴わないもの) 37 0.03 4.46 - 62.11
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 30 0.23 3.83 - 75.70
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 17 0.71 4.71 - 70.35
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 14 3.07 11.79 - 72.29


・内科と同じく内視鏡による大腸の患部切除を行う手術が1位となっております。

・クリニカルパス(標準的な治療計画)を導入し使用しております。





整形外科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 11 5.36 38.82 18.18 84.45
K0484 骨内異物(挿入物を含む)除去術(膝蓋骨) 3 1.00 6.00 - 62.33
K0463 骨折観血的手術(膝蓋骨) 2 3.50 27.50 - 66.50
K0811 人工骨頭挿入術(股) 2 63.50 51.50 50.00 81.00
K0841 四肢切断術(下腿) 2 69.00 139.50 50.00 57.50


・昨年と同じ大腿骨骨折の観血的手術が1位となっております。

・クリニカルパス(標準的な治療計画)を導入し使用しております。





腎臓内科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 42 5.43 22.43 - 72.90
K610-3 内シャント設置術 40 4.30 21.15 - 64.60
K607-3 上腕動脈表在化法 9 8.11 21.89 11.11 68.44
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 3 2.67 9.33 33.33 74.67
K636 試験開腹術 2 4.50 7.00 - 65.00

・在宅で行う腹膜透析の手術が1位となっております。




血液透析科






Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 215 0.20 1.24 0.47 67.48
K610-3 内シャント設置術 75 4.24 12.20 8.00 63.48
K607-3 上腕動脈表在化法 46 3.98 18.41 17.39 70.04
K6147 血管移植術、バイパス移植術 その他の動脈 36 4.86 20.86 5.56 63.25
K6105 動脈形成術、吻合術 その他の動脈 30 1.50 10.90 3.33 62.67

・昨年と同じシャントの閉塞や狭窄した患部を拡張する手術が1位となっております。



その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード




DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 9 0.39
180010 敗血症 同一 9 0.39
異なる 6 0.26
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる 2 0.09
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.43
異なる - -


○定義

同一性の有無:4つの各医療資源病名の症例のICD10コードと入院の契機病名に対するICD10コードが同一であれば「同一」、

同一でなければ「異なる」とする。

・当院を平成29年4月1日~平成30年3月31日の間に退院した方。

・集計期間内に同一人物が複数回入退院した場合、延べ患者数として数えます。

・DIC(MDC6:130100)、敗血症(MDC6:180010)、手術・術後の合併症(MDC:180040)

○解説

・契機病名を原因とし、DICや敗血症を発症した症例がであると思われます。


更新履歴
 

 

2019.09.27


初版


 
PageTop